新しいキャットフードの切り替え方って?

猫は好き嫌いが激しく嫌いなキャットフードには見向きもしない事が良くあります。

グルメな猫に合わせ様々な味のキャットフードが市販されていて購入する側も目移りしてしまう程です。

その為飼っている子が気に入るようなキャットフードを探してあれこれ日替わりで与えている飼い主さんも多いですね。

尿路結石や重篤なアレルギー等健康上早急にフードを切り替える必要がある場合を除いては猫の健康を考えた場合、余りに目まぐるしくキャットフードを替えるのは体に負担がかかる為おすすめしません。

健康に問題が無くただ単に食いつきが悪くなっているというなら猫は香りに敏感な動物ですのでフードの香りが立つように軽くレンジにかけて温める市販のささみパウダーや猫用の鰹節などを添えてあげるだけで食いつきが変わってきますので試してみてください。

*猫は腎臓を壊しやすい動物です。必ず塩分を抑えたペット・猫専用の鰹節を使ってください。

キャットフードの切り替えは時間をかけゆっくりと移行する事が大切です。

最短でも10日・理想は3週間程を目安に切り替えましょう。

初めから全て新しいフードに切り替えるのではなく1割程従来のフードに混ぜ込んで食べさせてみます。

様子を見ながら新しいフードの割合を増やしていきます。

合わせて食いつき・排泄・皮膚・目の輝き・吐き戻し等の健康状態も合わせてチェックしていきます。

この時軟便や便秘になり数日続くような事が有れば新しいフードは中止し速やかに獣医さんへ連れて行きましょう。

 

 

キャットフードを新しいものに切り替える際の注意点とは

猫の嗜好や健康に合ったキャットフードが見つからないとお悩みの方も多く数種類のフードを日替わりで与えていらっしゃる飼い主さんもいらっしゃいますね。

食べてくれ無いからと言って猫のご機嫌を損ねないようにあれこれと毎日違うメューにしてしまうと自分の気に入らないご飯は匂いを嗅ぐだけでそっぽを向いてしまうような我儘な子になってしまいその後のフード選びが難航してしまいます。

そして猫の健康面でも考えるとコロコロと日替わりでキャットフードを変えてしまうのはやはり良くありません。

食べ物やサプリメントの効果が分かるのは一般的に最短で約1か月・通常は3か月程掛かると言われています。

これは犬猫に限ったことではなく人間にも言える事ですね。

その為日替わりで食べさせるフードを変えると何がどのように作用しているのか判別できないという事態が起こります。

健康的な猫の目安として排せつ物の状態をよく見ますがそれと合わせてチェックしたいのが毛並みに艶やかさがあるかどうかです。

フードを変えてしばらくするとその子に合ったキャットフードの場合は毛並みや毛艶が良くなってフワフワになる事が分かります。

この変化は1か月以上経過しないと分からないですがキャットフードによって大きな違いが出るのが毛艶や目の輝きなので注意してみてください。

あれこれフードを試すのではなくじっくりと効果を見極める事が大切です。