キャットフードを食べない理由は?対処法はどうすればいい??

猫がキャットフードを食べない理由はいくつかあります。

1つ目はキャットフード以上に美味しいものを見つけてしまったからです。

猫にとってキャットフードより美味しいものと言えば何があるかというと、魚の缶詰、マグロの缶詰などが挙げられます。

缶詰の方が美味しく感じるとキャットフードの味を忘れてしまい、これからはキャットフードはいらない気持ちが出てきます。

1度でも缶詰が美味しいと感じると癖になってしまうため、注意も必要になります。

もう1つの原因は病気や怪我をしているからです。

体調不良により食事が美味しくないこともありますが、怪我が酷いときでも怪我の痛みの方が気になってしまい、キャットフードを食べません。

猫が怪我が酷くなる原因は、猫は舐めて治す習性があるため、どんな酷い傷でも舐めてしまい治ることが難しくなります。

毎日猫の体調をチェックしたり、どこかに出かけて怪我はないかチェックをする必要があります。

これは稀にいる猫ですが、野生の猫を拾ってきたときや捨て猫だったときの時代がある猫を引き取った場合、キャットフードを食べてくれないときもあります。

それは人間を警戒しているから、怖がっているからです。何も食べないと栄養失調になってしまうので、遠くから見つめてみたり少しずつあげるなど工夫するといいです。

 

 

キャットフードを食べない時の対処法

 

飼い猫が、昨日喜んで完食してくれたフードを翌日には見向きもしてくれない!?

猫と暮らしていて、よくあるお悩みのひとつです。

その原因として
1)同じフードに飽きてしまった。
2)摂食障害がある。
3)健康状態に問題がある。
4)飼い主の知らないうちにどこかで食事を済ませている可能性がある。

などが考えられます。

 

1)同じフードに飽きてしまった。場合

フードの種類を変えてみることは有効です。

とはいえあまた出回っているキャットフードから見つけ出すことになるので、それなりの時間と手間を要します。

そこでおすすめしたいのが普段のフードにプラスαの混ぜ込みをする「味変」です。

アイテムは猫用の塩分の無い削り節・ニボシ・フリーズドライのササミなどです。これらを細かくほぐして与えてフードにプラスして与えてください。

ポイントは必ず「混ぜる」こと。トッピングにすると削り節やササミばかり食べてしまいフードそのものは残してしまいます。(猫ちゃんはお利口さんですので。)

 

2)摂食障害がある。場合
特に高齢な猫ですと、歯が減るなど口腔内のトラブルから摂食障害を起こすケースがあります。

そうなると硬い食べ物は受け付けないので、高齢猫用のフードを選んでください。与え方もパッケージから皿にそのまま出すのではなく、手でほぐして食べやすい形状にしましょう。

またフードが冷た過ぎるようなら、電子レンジで心持ち温めて食べさせましょう。(愛ある「ひと手間」です。)

 

3)健康状態に問題がある。場合
フードを食べないだけでなく、その猫の様子に異変(毛艶・呼吸・歩き方・元気がない・鳴き声や糞尿が普段と違う、など)を感じられたら、速やかにかかりつけの動物病院に相談されてください。

(結果「お医者さまにみせたら、たいしたことではなかった」でも良いではないですか!)

 

4)飼い主の知らないうちにどこかで食事を済ませている可能性がある。場合

家と外を自由に行き来できる生活の猫ですと、飼い主さん以外の方から食事やおやつを与えられていることが考えられます。(ひょっとしたら「別名」も与えられているかも。)

飼育方法を「完全室内飼」に切り替えることで、猫の食生活をきちんと管理できます。

また「完全室内飼」では、怪我・病気感染・交通事故・誘拐などから猫を守ることも出来ます。


猫がキャットフードを食べない時は、まずその子の様子をよく観察して対処法を選んでください。

そんな時、些細なことでも気軽に相談できる「かかりつけ医」の存在はとても心強いものです。

環境が変わることに敏感な猫ですと、病院をこわがる子もいます。

日頃から(元気な子でも)、健康診断などで動物病院に慣らしておくことも大切です。

キャットフードの給餌量|どうすればキャットフードを食べてくれる?

キャットフードは猫の体造りに欠かせない物です。

ですので、どれくらいあげればいいか?どうすればちゃんと食べてくれるかをご紹介していきます。

キャットフードの与える量はどうすればいいの?

適当に与えてしまうと肥満になったり慢性的な疾患になりやすかったりと猫の健康に直結する問題が出てきます。

そこで猫に与えるフードの適量を把握ししっかり計量することでリスクを下げる事が出来ます。

キャットフードの適切な量は成長度合いや病中病後など個別で変わってくるのですが
まずは猫に必要な一日の摂取カロリーを知りましょう。

一般的な成猫の場合:体重1㎏あたり70kcal~80kcalが必要です。

例えば4㎏の体重の猫なら一日におよそ280kcal~320kcalが必要になります。
与えているフードに100gあたりのカロリーが記載されているので表示を見て計算してください。

成長期の子猫は健康的な体を作る為沢山のカロリーが必要です。

子猫の場合は体重に200kcalをかけて計算します。

歯が生え変わりドライフードを食べ始められるのは大体生後4か月からですので
4か月の子猫の平均体重2㎏を例に計算してみると約400kcalが必要です。

子猫専用のフードは栄養バランスや必要なカロリーが計算されているのでおすすめです。

この時期の子猫は本当に沢山食べるのですが消化能力が弱いので1日量を一度に与えずに3回~4回に分けてあげましょう。

老猫は徐々に食が細くなってしまう事が多いので少量でもカロリーを補給できる
専用の栄養食を与えるのも良いでしょう。

 

 

キャットフードを食べやすくする方法とは

キャットフードを食べやすくする方法についてですがおおまかに分けて2つだと思います。

まず1つ目は単純にキャットフードを猫ちゃんの個体差、年齢や身体の状態によって食べやすい状態にしてあげることです。

具体的にはパウチのフードなら中身を細かくしてあげることや水分、できれば猫ちゃんの食欲をそそるためにお湯を適量入れて薫りがたちあがるような状態にしてあげたりです。

猫用のミルクやヤギミルクをちょい足ししてあげてもいいです。

ドライフードに関しても状態に応じてお湯をかけて少し湿らせた状態であげたり、味のフレーバーによってサイズの違うものがよくあるのですが猫の好きなフレーバーの粒が大きかったりする場合は砕いてあげたりちょっとひとてまかけただけで猫ちゃんは食べやすくなります。

もう1つは食器のサイズ、高さ調整です。

ガツガツと美味しそうに食べてくれるのは嬉しいものですが高さがあってなかったりすると空気も一緒に体内に入りそれが原因で吐いてしまうこともあります。

また高さが合わないと食べ物が胃まで真っ直ぐに入っていかないために食べたものが戻ってきてしまうこともあります。

できれば前屈姿勢にならない状態が好ましいです。

ただし猫も好きな食べ方があるので個体で違うので難しいところはあります。

おやつをあげるときに1つ1つ手渡しであげて姿勢を矯正するなど試してみてください。

老猫が吐いて器官に物を詰まらせて亡くなったり、若い元気な子だったのに吐いたショックで心臓発作が起きて亡くなってしまったという話を聞くことがあります。

そのリスクを減らすためにもフードを食べやすくする試行錯誤をするといいです。

新しいキャットフードの切り替え方って?

猫は好き嫌いが激しく嫌いなキャットフードには見向きもしない事が良くあります。

グルメな猫に合わせ様々な味のキャットフードが市販されていて購入する側も目移りしてしまう程です。

その為飼っている子が気に入るようなキャットフードを探してあれこれ日替わりで与えている飼い主さんも多いですね。

尿路結石や重篤なアレルギー等健康上早急にフードを切り替える必要がある場合を除いては猫の健康を考えた場合、余りに目まぐるしくキャットフードを替えるのは体に負担がかかる為おすすめしません。

健康に問題が無くただ単に食いつきが悪くなっているというなら猫は香りに敏感な動物ですのでフードの香りが立つように軽くレンジにかけて温める市販のささみパウダーや猫用の鰹節などを添えてあげるだけで食いつきが変わってきますので試してみてください。

*猫は腎臓を壊しやすい動物です。必ず塩分を抑えたペット・猫専用の鰹節を使ってください。

キャットフードの切り替えは時間をかけゆっくりと移行する事が大切です。

最短でも10日・理想は3週間程を目安に切り替えましょう。

初めから全て新しいフードに切り替えるのではなく1割程従来のフードに混ぜ込んで食べさせてみます。

様子を見ながら新しいフードの割合を増やしていきます。

合わせて食いつき・排泄・皮膚・目の輝き・吐き戻し等の健康状態も合わせてチェックしていきます。

この時軟便や便秘になり数日続くような事が有れば新しいフードは中止し速やかに獣医さんへ連れて行きましょう。

 

 

キャットフードを新しいものに切り替える際の注意点とは

猫の嗜好や健康に合ったキャットフードが見つからないとお悩みの方も多く数種類のフードを日替わりで与えていらっしゃる飼い主さんもいらっしゃいますね。

食べてくれ無いからと言って猫のご機嫌を損ねないようにあれこれと毎日違うメューにしてしまうと自分の気に入らないご飯は匂いを嗅ぐだけでそっぽを向いてしまうような我儘な子になってしまいその後のフード選びが難航してしまいます。

そして猫の健康面でも考えるとコロコロと日替わりでキャットフードを変えてしまうのはやはり良くありません。

食べ物やサプリメントの効果が分かるのは一般的に最短で約1か月・通常は3か月程掛かると言われています。

これは犬猫に限ったことではなく人間にも言える事ですね。

その為日替わりで食べさせるフードを変えると何がどのように作用しているのか判別できないという事態が起こります。

健康的な猫の目安として排せつ物の状態をよく見ますがそれと合わせてチェックしたいのが毛並みに艶やかさがあるかどうかです。

フードを変えてしばらくするとその子に合ったキャットフードの場合は毛並みや毛艶が良くなってフワフワになる事が分かります。

この変化は1か月以上経過しないと分からないですがキャットフードによって大きな違いが出るのが毛艶や目の輝きなので注意してみてください。

あれこれフードを試すのではなくじっくりと効果を見極める事が大切です。

キャットフードの与え方ってどうするのがいいの?

我が家に猫を家族として迎えることになった。

お世話グッズなどを準備していよいよ待ちに待った生活がスタートしたのはいいけれど、猫ってキャットフードを一日何食与えたら良いのか?

時間は?は?色々と心配になりますよね。

私には推定2歳と推定8ヶ月の保護猫2匹を飼っています。

 

2歳の雄猫は2年前に家族になりました。元々食が細くキャットフード選びに苦労しました。

私が一日家にいることが多いのでキャットフードは表示通りの量を朝昼晩の3で割って与えています。

なるべく決まった時間にあげるようにはしていますが、私が出かけて居ない時には2食分をまとめて与えたり、朝から晩まで外出しないといけない時には3食分をまとめて与えたりします。

留守番している愛猫は自分達で食べたい時に食べてあとはほとんど寝ているので帰宅してもまだお皿に残っていることが多いですね。

ただ、夏場はフードの痛みが気になるので特にウェットフードは1日中お皿に置いておくのはおすすめはしません。

2匹目に迎えた8ヶ月の雌猫は外猫時代に飢えていたのか食いしん坊です。

なので自分のキャットフードを食べ終わったら雄猫の皿に残っているのを食べてしまうので、食事の時間とお留守番の時はそれぞれのケージに居てもらうようにしています。

個体差があるので育児本通りではありません。

性格をみながら愛猫に合った与え方で良いと思います。

 

キャットフードを与える時間は??

 

猫にキャットフードを与える時間ですが猫は元々や構成の猫もおり自然界では自ら狩りをして狩れた獲物すべてを食べます。

飼い猫になり現在の猫は食料に関しては困らなくなったため、飼い主が規則正しく餌を上げる必要があります。

猫の場合朝と夜に活動をしますので朝か夜に餌を上げるのがベストなタイミングです。

 

ただ、太りすぎだと感じられる場合、夜に餌をあげているのであれば時間帯を見直す必要があります。

あまり遅くに餌を上げてしまうと猫は眠れなくなりますので人間も同じ様で腸が動いてしまうため眠りにくくなります。

ですので最低でも夜に餌を上げ7時間後くらいに餌を上げるくらいの余裕を持つと良いです。

昼についてですが猫は日中は活動が鈍り運動をしないためエネルギーを消費しないのであえて餌を上げる必要についてはありません。

どうしても3食上げたくなるのですが3食あげた場合ですと肥満になるか肥満に近い状態になる可能性が高いです。

どうしても3食あげたいのであれば量を調節して少ない量をあげると良いです。

おやつをあげている場合、量にもよるのですが夜のキャットフードの漁を調整するなどしてカロリーを調整すると良いです。

上げる時間帯については朝の7時から9時、夜は6時から9時までがベストになります。

これで約7時間から8時間の時間が空きます。